ビットコインでカード払いができる「Wirex」とは?


最近では実際にビットコインで買い物ができるサイトや店舗が増えてきています。

しかしまだまだ使いみちが少ないなあと思いませんか?せっかく便利な仮想通貨を、わざわざ日本円にして使うのは面倒ですよね。

ビットコインをビットコインのまま、あらゆる店舗で利用する簡単な方法があります。

Wirexとは

今回紹介する「Wirex」はデビットカードです。

通常デビットカードは、日本円を入金し、入金した分を上限にカード払いができるというもの。クレジットカードが作れない人や、クレジットカードを借金だと捉える人にとって大変便利なカードです。

ところがWirexを使えば、日本円ではなくビットコインを入金し、そのままビットコインでカード払いができるんです。

Wirexに入金した分は、例えば銀行に預けているような状態。つまり全国のATMで日本円として引き出しも可能です。

コンビニやスーパーなど、VISAカードが使える店舗であればどこでもビットコインで支払いが可能という優れもの!ビットコインがより身近になるのは間違いありません。結構革命的ですよね。

Wirexはすでに全世界で3000万枚も発行されているカードです。

Wirexアプリ

wirexのアプリ

Wirexにはアプリもあります。スマホにWirexアプリを入れれば、スマホが「ポケットに入る銀行」のようになります。

つまり、ビットコインの送金や両替が時間を気にせずできるのはもちろん、オンラインカードとしてネットショッピングで使うこともできてしまいます。

Wirexの料金

Wirexへの登録やアプリの使用はもちろん無料。

お金がかかるのはプラスチックカードの発行や各種手数料といった部分。ネットショッピングには必要ありませんが、リアル店舗で決済したい場合はプラスチックカードが必要になります。

プラスチックカードの発行は通常17ドル。1ドル110円で計算すると2,000円しない程度です。

ちなみに当ブログから登録すると25%の割引を受けられます。500円程度ですね!

当ブログの紹介を受けたい場合は以下のリンクか、当記事内のリンクから登録を行ってください。

>>こちらから登録で「Wirexカード」が25%OFF

ちなみに50ドル払えば高速発送が選べます。もちろんそちらも25%の割引が受けられますよ。

Wirexの登録方法

それではWirexの登録を行っていきましょう。

と言ってもサイトは日本語に対応していますし、難しい部分はありません。

  1. サイトにアクセス
    >>こちらから登録で「Wirexカード」が25%OFF
  2. 「無料でサインアップ」をクリック
  3. 氏名、メールアドレスを入力
    パスワードは6文字以上で登録しましょう
  4. アカウント作成をクリック
  5. メールが届くので認証URLをクリック

以上で登録は完了!

入金方法

カードを発行するためにも入金は必要です。

ログインし、「はじめに」から「今すぐ資金を追加」をクリックします。

ビットコインのQRコードとアドレスが表示されますので、取引所やウォレットから送金すればOKです。

ビットコインを持っていない人は「Coincheck」などの取引所で購入し、送金しましょう。

wirex入金

カードの発行方法

次にリアル店舗で使えるプラスチックカードを発行しましょう。

カードの種類を選ぶ

まずはサイトにログインし、発行カードの種類を選択します。

通常は「USDプラスチックカード」を選べば間違いないと思います。

wirexのカード発行

住所を入力する

カードを選び、氏名と生年月日を入力すると住所入力の画面が現れます。

少し住所の入力が特殊ですので、以下の画面に従って登録してください!

登録は英語(ローマ字)です!!

wirexの住所入力

カード発行料を支払う

先ほど入金したビットコインを使用して手数料を支払います。

支払いが完了すればあとは到着を待つだけ!お疲れ様でした。

到着までは通常発送で10日前後かかります。お急ぎの場合は高速発送を選びましょう。

まとめ

世界中で使われ始めているWirexカードですが、日本においても使える店舗・場面は無限に存在します。

これから人気が出てくるのは必至ですので、早めに作っておくことをおすすめします!

なお、当ブログ「ビットコインのいろは」から登録すればカード発行手数料が25%割引されますよ。

>>こちらから登録で「Wirexカード」が25%OFF

👇最新情報👇
最新情報は随時Twitterで更新中!@hamada_blog


お役に立てたらシェアしてください!