ついにリップルで買い物ができるサイト「Coinsen」が登場


ビットコインを使って実際に買い物のできるサイトや店舗は日々増えてきています。

日本ではビックカメラがビットコイン決済を開始して話題になりました。

そしてついに2017年の急騰で注目を集めたRipple(リップル)でも買い物ができるサイト「Coinsen(コインセン)」が登場しました。

リップルとは?

まずはリップルについてごく簡単に説明します。

リップルの特徴で一番分かりやすいのが、送金の早さと手数料の低さ。ビットコインの弱点を克服しています。

その結果、世界中の銀行がリップルのネットワークを使用すると発表されています。日本でもSBIホールディングスがRipple社と提携し、SBI Ripple Asiaを設立しています。

▼リップルの詳細はこちら

仮想通貨リップルとは?将来性は?買い方は?徹底解説します

2017.05.08

Coinsen

CoinsenというサイトでXRPを利用して買い物ができるようになるようです。

XRPはリップルの通貨単位。日本円の「円」に相当します。
coinsen

どうやらCoinsenは仮想通貨版eBayのようになるもよう。

eBayとは世界最大のオークションサイト。eBayのように仕組みさえ整っていれば安心して買い物ができますね。

リップル以外にも、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなどが使えるようになるようです。

coinsen

6月末には確実にオープンするようです!

オープンしました!!

2017/06/14にオープンしました。早かったですね。

わざわざ私宛にリプライを送ってくれるという親切っぷり。

▼早速登録してみました!

リップルなど仮想通貨で買い物ができるCoinsenに登録してみた

2017.06.14

まとめ

ビットコインが実際の買い物に使われたのは「ピザ」でした。それから数年たち今では実に様々な商品を購入することができます。

リップルがそうなる日も近いかも?送金の早さと手数料の低さは銀行間の用途だけでなく個人間のやりとりでも魅力的です。

Coinsenが上手くいけばリップルの注目もさらに集まるかもしれませんね。

 

👇最新情報・有益情報を配信中👇
Twitter
LINE

仮想通貨ランキング


お役に立てたらシェアしてください!

Coincheck (コインチェック)

取扱通貨の数が国内No1を誇る取引所。

簡単登録&綺麗な画面&使いやすいスマホアプリで誰にでも使いやすいのも特徴。

さらに盗難への補償サービスで超安心!


bitFlyer (ビットフライヤー)

国内最大手の安心感がほしいならここ!

資金力がありテレビCMも放映中。

取扱通貨が少ないのが唯一の難点か?


Zaif (ザイフ)

ビットコインで積立投資ができる取引所。

できるだけ楽で低リスクな運用を望む方はここ!

日本が誇る仮想通貨モナコインも取り扱っています。