仮想通貨リップルを50万円分購入したらどうなった?


追記情報
2017年12月: 価格,保有量の変化につき更新

当ブログでは仮想通貨への投資状況を逐一報告しています。

当初は「リップル(Ripple)」を約25万円購入しましたが、それから買い増しを続け購入額は50万円になりました。

リップルとは?

まずはごくごく簡単ではありますがリップルについて説明させてください。

リップルは2013年9月にスタートした仮想通貨です(ビットコインは2009年)。

ビットコインを始めとした多くの仮想通貨は、中央組織がないことが1つの大きな特徴になっています。

しかし、リップルは「リップル社(Ripple Labs, Inc.)」という1企業が開発・運営を行っています。

これによる利点は、ビットコインの弱点である「送金の遅さ」「送金手数料の高さ」を解決しているところにあります。

そしてリップル社はその利点を「銀行送金」に活かそうと考えており、世界中の銀行と提携を開始し、実用化に向けて精力的に活動しています。

リップルのチャート

2017年の動きはこんな感じ。5月に急上昇をしたのち、ジワジワ下げながらかなり長い間ヨコヨコを続けました。

まさに握力が試される相場。

そして12月に再び、大大大大暴騰🔥🔥

リップルの2017年チャート

「仮想通貨は長い目で」

とっても重要です。

現在の保有リップル

20,000XRPを保有。購入額は50万円

平均して1XRP=25円で購入しています。

2017年12月のレートで売却すると、およそ185万円になります(1XRP=92円計算)

リップルを売却した場合

異常も異常、異常ですね。でもこれ、仮想通貨ではそこまで珍しくもありません。

仮想通貨は上がる時に一気に上がる傾向があります。

例えば2017年5月のリップルは24時間で100%以上上昇。

rippleの上昇率

2017年12月にも80%近く上昇。

リップルの上昇

リップルの将来性

リップルは特に銀行との提携などを通じ、水面下で着実に実用化を進めています。

「日本のお固くて新しいことになかなか手を出さなそうな大手銀行ですら数多く提携している」というインパクトは物凄いものがあります。

リップルのこれから

リップルの未来は正直なところ、誰にも予想することができません。

私は今投入している50万円がゼロになる覚悟もできていますし、同時にまだまだ値上がりするという期待や願望もあります。

しかしお金のこととなると、多くの人が期待や願望に沿った行動をしてしまいますよね。

リップルが急激に上がっているという事実と、「もっと上がってほしい」という願望が交わることによって何も見えなくなるというのは避けなければなりません。

それを防ぐためにも、仮想通貨への投資は余剰資金で行うことを自分の中でルールとしたほうがいいでしょう。

弱い自分を上手くコントロールするためには何らかのルールが必要です。

だだし、リップルの未来は分かりませんが、仮想通貨が世界に普及していくのは恐らく必然です。

一つの仮想通貨が何らかの理由で暴落したとしても、仮想通貨全体の価値は当分の間右肩上がりであることは間違いないでしょう。

そのため私はリップルに限らず、他の仮想通貨にもいくつか投資しています。仮想通貨の中でも分散することによってリスクを軽減することができます。

しつこいようですが、私はたとえ分散して投資しているお金すべての価値がゼロになったとしても明日生きていくのには全く困りません。そのような余剰資金で行うべきです。

リップルの買い方

もし以上を踏まえて仮想通貨に興味のある方には、Coincheck(コインチェック)という取引所をおすすめします。

リップルを買える日本の取引所としては最大手、本人確認も迅速です。

ここだけでビットコインはもちろん、リップルやネムなど十種類以上の仮想通貨を購入・売却することができます。

スマホアプリ1つで簡単に売買できるのも素晴らしい。

今後この50万円がどのように変化していくのか、定期的に更新していきますので興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

他のおすすめコイン

リップルに興味を持った方におすすめしたいコインをいくつか挙げておきますね。

あくまでも自己責任でお願いいたします。

ネム(NEM)

価格が近く、発行量が多いという共通点が。

リップルと同様、日本人にとても人気があり、コミュニティもひじょうに発達しています。

2018年以降、仮想通貨を買い始める日本人は加速的に増えていくでしょうから、それに伴って値上がりも期待できます。

モナコイン(Monacoin)

こちらも日本人に人気…と言いますか日本発の「純国産仮想通貨」です。

コミュニティが発達しているという点でネムにも近いと言えるでしょう。

日本人の注目を集めることは必至ですので、期待できます。さらにまだまだ海外の知名度が低いという点も、ポテンシャルとしては最高です。

>>リップルの購入はCoincheckで!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

👇最新情報👇
最新情報は随時Twitterで更新中!@hamada_blog


お役に立てたらシェアしてください!