仮想通貨NEM(ネム)を25万円分購入したらどうなった?


追記情報
2017年1月 : 一部内容を更新

当ブログでは仮想通貨(暗号通貨)への投資状況を逐一報告していきます。初めはネムを約25万円購入しましたが、それからちょこちょこと買い増しを続け、購入額は50万円に達しました。

そのネムが今どうなったのかをお知らせします。

ネム以外のおすすめコインも紹介していますのでぜひ最後までご覧ください!

ネムとは?

ネムは2015年にスタートし、2017年に大暴騰を見せた仮想通貨です。

仮想通貨の時価総額ランキングでは10位前後につけており、非常に期待されておりながら伸びしろも十分。

ネムを語る上で重要なキーワードとなるのがPoI(Proof-of-importance)です。このPoIというシステムによって、仮想通貨のトップであるビットコインと違い電力消費が少なくて済み、またセキュリティーも強固なものになっています。

また、コミュニティが活発でホルダーがネムへの「愛」に溢れているのも特徴であり、大きな強みです。

ネムのチャート

2017年のチャートを見てみましょう

2017年だけで約100倍にまで伸びています。1円にも満たなかったネムは30円以上の価格を付けるようになりました。

それにしてもこのチャートの形、上に抜けたら止まらなくなるやつですね…

ネム2017年のチャート

しかし購入した当初は、上がったと思ったら暴落し、ヨコヨコが続き、結構心が折れそうな相場でした。

それでも持ち続け、買い増しまでできたのはあくまでも「長期的視野で」期待していからです。

仮想通貨はいつ上にぶっ飛ぶか分かりません。

その時まで持ち続けていられるかどうかが鍵になります!!

数ヶ月で結果を求めないこともタイミングによっては必要になりますよ。

追記(2017年12月)

ぶっ飛びました🚀🚀

どんどん人が増え始めていることを感じます。この様子だと2018年は凄いことになるのでは…

ネムを購入したらどうなった?

日本の取引所コインチェック(Coincheck)を利用し、約50万円分を購入

平均して1NEM=約15円で購入しています。

仮に現在(2017年12月、1NEM=100円)に売却したとするとおおよ6.6倍の333万円になります。

半年程度でこれですから、投資としてはこれ以上ない成果です。

あ、私はまだまだ売るつもりは全くありませんよ。

結果 : 50万円→333万円

ネムが安く買えるのは2017年が最後説

個人的に2018年ぶっ飛びを期待しているコインTOP3にネムが入ります。

2017年は一気に上げた分、調整も長くなりました。しかし2017年12月の様子を見ていると、じわじわ、じわじわと高値を更新しそうな勢いで伸びています。

一度高値を更新してしまえば、その先は未知数。天井知らずかもしれません。

ネムのコミュニティからもそのような期待をひしひしと感じます。

30円程度で購入できるのは2017年が最後と予想します。

追記(2017年12月)

予想よりも早くぶっ飛んでしまいました。

しかしネムのポテンシャルを考えると、どう考えてもこんなものじゃないんですよね。

個人的に、今2018年までに仕込みたい通貨No.1です。

追記(2018年1月)

コインチェック上のネムがハッキングによりほぼ全て消失しました。

私の保有するネムはハーベストするために別のウォレットに移していたため被害はありません。

しかし別の一部コインはコインチェック上に置いていますし、かなりショッキングな出来事です。

もしコインチェックがそのまま廃業、とでもなれば被害は甚大。私自身も手痛い損失を負います。

しかしその後ネムの保有者への補償や事業の継続が発表されました。

今回のことは擁護できない点も多々ありますが、コインチェックは仮想通貨の普及に大きな貢献をしてきた企業です。

個人的にはこの困難を乗り越え、地道な再建を応援したい気持ちです。

(コインチェックがネムをハーベストに使用していたという噂が流れていますが、これはアドレスの情報から明確に否定されています)

ネムの買い方

今回のハッキングに関して、何かしらネムに問題があったわけではありません。

むしろネム財団の対応などコミュニティの強さが認められ、認知度も急激に上昇し、ネムが普及していく材料になったと言えなくもありません。

実際にコインチェックの補償発表後、ネムの価格は急上昇しています。

懲りないなあと思いますか?そう思うのは取引所の問題仮想通貨の問題を切り分けられていないからです。

私の方針としては、今保有しているネムはホールド。さらに価格を見て買い増しです。これは以前と何ら変わりません。

ネムを購入するのにおすすめなのは「Zaif(ザイフ)」という日本の取引所。

サイトが稀に重い、という欠点がありますが、手数料は激安。

初心者の方にも安心して使っていただける取引所です。

しかしコインチェックの事件で分かったように、取引所で仮想通貨を保管しておくことは大きなリスクがあります。

購入後、他のウォレットに移すことを強くおすすめいたします。

ネムのこれから

ネムは多くの人から将来性を期待されている通過です。私自身も長期的に値上がりしていくのではないかという期待を持っています。

しかしお金のこととなると、多くの人が期待や願望に沿った行動をしてしまいます。ネムの価値が急激に上がっているという事実と、「もっと上がってほしい」という願望が交わることによって視野が狭くなることは絶対に避けなければなりません。

それを防ぐためにも、私は余剰資金でしか投資はしないという絶対的なルールを自分の中に定めています。

だだし、ネムの未来は分かりませんが、仮想通貨がこれから世の中に必要な存在になっていくことは必然です。一つの仮想通貨が何らかの理由で暴落したとしても、仮想通貨全体の価値は当分の間上昇し続けることは間違いないでしょう。

そのため私はネムに限らず、ビットコインリップルにも投資しています。分散投資することによって少しでもリスクを軽減することができます。

しつこいようですが、私はたとえ分散して投資しているお金すべての価値がゼロになったとしても明日生きていくのには全く困りません。そのような余剰資金で行うべきです。

もし以上を踏まえて仮想通貨に興味のある方には、Zaif(ザイフ)での購入がおすすめ。

これだけでビットコインはもちろん、モナコインやイーサリアムなど多くの種類の仮想通貨を購入・売却することができます。

今後この50万円がどのように変化していくのか、定期的に更新していきますので興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

フォロー&質問&ご意見などはツイッター(@bitcoin_iroha)まで!

おまけ

モナコインもおすすめ

ネムに興味を持った方におすすめしたいのが、国産仮想通貨「モナコイン」です。

ネムとの強い共通点として、コミュニティが発達しており、ホルダー愛に溢れているという点が挙げられます。

コミュニティが発達しているコインは長期的に見てひじょうに強いため、ぜひともおすすめしたいところです。

モナコインは「ザイフ(Zaif)」で購入可能です。

リップルもおすすめ

日本人に特に人気があるコインが、ネム, モナコイン, そして「リップル(Ripple)」というコインです。

今までネムとひじょうに近い価格を付け続けているという特徴があります。

一方が値上がりすると一方が割安に見える、という状態が形成されていますので、あわせて買っておくのもいいでしょう。

数多くの銀行と提携しており、実用化を目指しています。将来性は抜群。

コインチェック(Coincheck)で購入可能です。


お役に立てたらシェアしてください!

12 件のコメント


  • 人それぞれの考え方の違いでしょ。
    ポジティブかネガティブか。
    仮想通貨の将来性に期待できると思うなら今はただの買い増し時だし、期待できないと思うなら触らなきゃいい。
    私も前者。
    もっと下がって欲しい。
    後者の人は黙って見てれば?

  • メガバンクの仮想通貨への参入などもあり駄目なところは淘汰されていくでしょう。投機目的ならいいのかも。宝くじよりは確率は高いと思います。

  • 2018年3月にmine(マイン)という新しいコインが誕生すると言われています。
    ICOで集められたお金でマイニングファームが建設され、マイニングによって得られる利益が参加者に分配される仕組みになっています。しかもその報酬はイーサリアムで貰えるので、マインを保有しているだけで資産が増えることになります。本当かと思ってしまいますが、デビットカードのように使えるマインカードやマインウォレットはすでに実装が決まっています。上がるコインだったら良いなぁ思っています。詳しくはこちらに書かれているので良かったら見てみて下さい。
    http://mt-business.net/mine-6/

  • この記事が書かれてからずいぶん経ちましたが、
    NEMは降下一方行で、バブルの価格から、適正価格に戻りつつあります。
    2017年中に売っておくんでしたね。
    もう100円台には戻らないと思います。(それどころかまもなく一桁台まで割りそう)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA