仮想通貨Monero(モネロ)とは?将来性は?買い方は?徹底解説します

モネロとは

仮想通貨といえばもちろんビットコインですが、仮想通貨界には様々な個性に溢れた通貨がたくさんあります。

今回はその中でも、ちょっとダークな通貨「Monero(モネロ)」を紹介しましょう。

モネロとは?

モネロのロゴ

モネロは2014年の春にスタートしました。

2017年3月には2,000円程度だったのが、6月になると6,000円台に到達。

ジワジワと頭角を現し始めている通貨です。

▼最新の価格


▼ここ3ヶ月のチャート

モネロのチャート

▼時価総額ランキングはこの位置

モネロの時価総額ランキング

▼技術的な情報はこちら

モネロの技術的情報まとめ
  • スタート: 2014年4月18日
  • コード: XMR
  • 開発者: Monero Project
  • 暗号化方式: CryptoNight
  • 認証アルゴリズム: Proof of Work(PoW)
  • 承認時間: 約1分
  • 発行量上限: 上限なし

モネロの特徴は?

▼キーワード
「匿名性」

モネロの特徴は「匿名性」という言葉に集約できます。

そもそも世間ではビットコインがマネーロンダリングに使用されるのではないかと危惧されていますが、ビットコインはその仕組み上、匿名性が薄くマネーロンダリングはむしろ難しい通貨です。

そのため、そのようなダークな需要は自然とモネロのような匿名性の高い通貨に集まることになるのです。

モネロの将来性は?

モネロは2017年3月から4ヶ月で3倍に成長しました。

物凄い成長率にも見えますが、Coincheckで扱われている通貨の中では低めの成長率です。

どちらかと言えば、ビットコインと近い成長の仕方を見せています。

短期的に爆上げるようなことはないかもしれませんが、「匿名性」というのはいつの時代でも絶対的に需要があります。

そのため、長期保有すれば比較的には安定して右肩上がりを見せてくれるかもしれません。

ポートフォリオの1つに組み込んでおけば面白い通貨かもしれませんね。

モネロの購入方法は?

取引所に登録する

仮想通貨を購入するためには、まず取引所に登録しなければなりません。

モネロは国内ですと、「Coincheck」という取引所で購入が可能です。

▼国内取引所

▼海外取引所

おすすめはやはり国内の取引所である「Coincheck」という取引所です。

国内でもっとも多くの種類の仮想通貨を扱っており、登録も簡単。スマホアプリも使いやすいためパソコンに向かう必要もありません。

海外の取引所で購入する場合も、Coincheckに日本円を入金しビットコインを買い、そのビットコインを海外の取引所に送るという方法がもっとも簡単です。

入金・購入する

取引所への登録が済んだら日本円を取引所に入金します。入金は取引所が指定する銀行に振り込めばOK。コンビニ支払いやクレジット払いという方法もあります。

入金が完了したら取引所で欲しい数を購入しましょう。特に難しいところはありません。

モネロは取引所を利用すれば誰を仲介することもなく売買ができます。代理店などを介して購入するのは詐欺のリスクも高く、無意味で危険です。

>>モネロの購入はCoincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

👇最新情報・有益情報を配信中👇
Twitter
LINE

仮想通貨ランキング


お役に立てたらシェアしてください!

Coincheck (コインチェック)

取扱通貨の数が国内No1を誇る取引所。

簡単登録&綺麗な画面&使いやすいスマホアプリで誰にでも使いやすいのも特徴。

さらに盗難への補償サービスで超安心!


bitFlyer (ビットフライヤー)

国内最大手の安心感がほしいならここ!

資金力がありテレビCMも放映中。

取扱通貨が少ないのが唯一の難点か?


Zaif (ザイフ)

ビットコインで積立投資ができる取引所。

できるだけ楽で低リスクな運用を望む方はここ!

日本が誇る仮想通貨モナコインも取り扱っています。