イーサリアムで8月に店舗決済スタートってどういうこと?BITPointって?


ビットコインに次ぐ仮想通貨「イーサリアム」店舗決済ができるサービスを開始するという発表が出てきました。

イーサリアムはビットコインに迫る勢いで伸びてきている注目の仮想通貨です。

イーサリアムとは?

まずはイーサリアムについて簡単におさらいしましょう。

Ethereum(イーサリアム)とは2015年7月にリリースした仮想通貨です。

リリース直後はおよそ300円という価格だったのが、2017年6月には40,000円を超える価格に。

イーサリアムのチャート

時価総額はビットコインの下につけ第2位。伸びる勢いはイーサリアムのほうが上です。ビットコインを超える日が近いかもしれません。

▼より詳細なまとめ記事

仮想通貨イーサリアムとは?将来性は?買い方は?徹底解説します

2017.06.12

イーサリアムで決済サービス開始

2017年6月15日の発表です。

仮想通貨「イーサリアム」での店舗決済サービスを8月に開始

当社は、店舗決済サービスを拡充し、2017年8月より、現在ビットコインに次ぐ主要仮想通貨となっている「イーサリアム(ETH)」の取り扱いを開始することを決定しましたのでお知らせいたします。
日本における仮想通貨決済の導入店舗数は急増しており、年内には約10万店舗になるとも予測されておりますが、現在、店舗決済に利用できる仮想通貨はビットコインおよび一部の仮想通貨取引所でしか取扱いのないアルトコイン(*)のみとなっております。
出典:https://www.bitpoint.co.jp/2017/06/15/topics/

この発表は日本の取引所であるBITPointによって行われました。

記事にあるように、ビットコインでは決済できる機会が少しずつ増えてきたものの、イーサリアムで決済できる機会はまだほとんどありません。

そのような中で、BITPointは顧客と店舗を仲介することによって、店舗での決済を可能にするということです。

なぜイーサリアムなのか?

さて、数ある仮想通貨の中でなぜイーサリアムが選ばれたのでしょうか?

これもBITPointは説明しています。

2015年7月にリリースされ、取引が開始された「イーサリアム」は、ビットコインに次ぐ主要仮想通貨へと成長しており、ビットコインの流通時価総額が4.5兆円規模であるのに対し、イーサリアムの流通時価総額は3.6兆円規模、24時間あたり流通量はビットコインが1900億円に対し、イーサリアムは1550億円と、なっております(2017年6月15日現在)。
また、取引が完了するまでの時間は、ビットコインよりもイーサリアムの方が短いため利便性が高く、現在多くの金融機関および企業が決済および取引承認ツールとして、イーサリアムのブロック チェーン技術の活用を検討するという動きもあります。
このような動向を踏まえ、当社は、国内外におけるイーサリアムの普及・成長度合いに着目し、かつ、取引完了までの時間が短いという利点などを鑑み、仮想通貨決済の利便性向上のため、 イーサリアムによる店舗決済サービスを開始することといたしました。
出典:https://www.bitpoint.co.jp/2017/06/15/topics/

まとめると、

  1. イーサリアムの時価総額はビットコインに迫る
  2. ビットコインよりも取引完了時間が短い
  3. 国内外のイーサリアムの成長度合いに注目

ということになります。

ビットコインよりも取引完了時間が短いとはどういうことでしょうか?

実はビットコインはその仕組み上、取引が完了するまでに約10分という時間がかかります。レジで支払ったものが正しく承認されるまでに10分かかるイメージです。これはビットコインの大きな欠点です。

しかしイーサリアムなら約15秒と高速で済みます。これをBITPointは「ビットコインよりも利便性が高い」としているわけです。

店舗のメリットは?

イーサリアムの使いみちが増えるというのはユーザーにとって非常に喜ばしいことです。イーサリアムの利便性が認められ、普及すればするほどイーサリアムの価値は高まっていきます。

しかしこれを導入する店舗にはどのようなメリットがあるのでしょうか?「イーサリアムで支払いしてほしい!」という店舗は現れるのでしょうか。

BITPointによれば、

なお、ビットコインまたはイーサリアムによって顧客が代金決済をした場合でも、仮想通貨決済導入店舗は当社から日本円で受け取れるため、導入店舗は仮想通貨の価格変動リスク等は負いません。
また、クレジットカード決済に比べ、仮想通貨決済は手数料が割安となり、かつ、原則として即日取引口座に現金が入金される(*)ことから、導入店舗においては、決済手数料の削減と資金効率の向上が期待できます。
出典:https://www.bitpoint.co.jp/2017/06/15/topics/

つまり、導入した店舗はイーサリアムで決済されたとしても、BITPointが仲介することにより「日本円」で受け取ることができるということです。

また、仮想通貨の決済はクレジットカードでの決済よりはるかに手数料が安いのが特徴です。

例えばコンビニで商品を買い、クレジットカードで支払ったとしましょう。この場合、コンビニはカード会社へ2%~8%の手数料を支払うことになっています。

しかし仮想通貨決済であれば、手数料は一般的に0%~2%と非常に安価。カード会社への手数料が大きな負担になっていた店舗にとって、救世主とも言えます。

これならばイーサリアム自体が欲しいわけでなくても、導入するメリットは大きそうですよね。

BITPoinとの決済サービス

出典:https://www.bitpoint.co.jp/2017/06/15/topics/

まとめ

近年イーサリアムへの期待は高まる一方です。

さらにこのような決済サービスが開始されることによって、イーサリアムがさらに注目されることは間違いないでしょう。

私もイーサリアムホルダーとして期待したいと思います(=^・^=)

▼イーサリアムの詳細

仮想通貨イーサリアムとは?将来性は?買い方は?徹底解説します

2017.06.12

>>イーサリアムの購入はCoincheckで

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

👇最新情報👇
最新情報は随時Twitterで更新中!@hamada_blog


お役に立てたらシェアしてください!