大学生はバイトなんかせずにブログで稼ごう


私は高校時代・大学時代にひじょうに多くの時間をアルバイトに費やしました。多い月だと15万くらい稼いだかな?

そんな私が言うんだから間違いありません。大学生はアルバイトなんてしなくてよろしい。

アルバイトは時間の切り売り

アルバイトで頂けるお給料はせいぜい時給1000円程度。田舎だともっと少ない。

つまり企業側からしてみれば「あなたの時間を1時間1000円で買いますよ」ってこと。

…ところで1時間1000円ってどうだろう。安くね?

人生は時間だ。時間が買えるならいくらでも出すって人は山ほどいる。特に「若いときの時間」なんて老人世代は巨額のお金を払うだろうなあ。そんな貴重な時間を私たちはたった1000円で売っている。

大学生活という限りある時間を、私たちはただ削ることによって対価を得ている。

アルバイトは誰でもできる

基本的にバイトに任される仕事なんて誰でもできる。代わりなんてそれこそいくらでもいる。

コンビニのバイトも居酒屋のバイトも君である必要性は全くない。誰でもいいんだ。

アルバイトにのめり込む人の中には「職場に求められていることに喜びを感じるし誇りが持てる」というタイプの人がいる。私もそう感じる時期はあった。

でもそれで時給が増えたかと言えば、そんなことはない。せいぜい数十円。多くても数百円でしょう。企業からしてみれば大学生バイトの価値なんてその程度。

「君に辞められたら困る!」っていうのは代わりを探すのが面倒なだけだ。「君」でなきゃならない必然性はない。

アルバイトは何も残らない

アルバイトは確かに1つの社会経験にはなるし、学べることも多い。

でも私が「いい経験を得られた」と思えるのは初めてのアルバイトの最初の3ヶ月くらいだ。その後の多大な時間を費やしたアルバイトはまさに時間の切り売りでしかなかった。

3ヶ月かせいぜい半年もやれば大切なことは吸収できる。就活のネタとしても話せるレベルになる。何年もやる必要はない。

私がブログをおすすめする理由

生活のため、学費のため、もしくは遊ぶためにお金が必要なら私はブログをおすすめする。特に大学生にこそおすすめしたい理由がある。

ブログは資産になる

アルバイトと全く異なるのがこの部分。アルバイトは時間の切り売りだけど、ブログは資産になる。

今日書いた記事はブログに蓄積され、その後何年間にもわたって見られる可能性を秘めている。大学生活で毎日1記事書き続ければ卒業する頃には1000記事を超える。

ちなみに私のブログは始めて1ヶ月で16000PV。広告を貼って8万円以上稼いでいる。記事数はたったの41。1000記事もあれば可能性は無限大だ。だからこそ時間のある大学生にはブログをおすすめしたい。

【運営報告】ブログ開始1ヶ月目はPV1.6万、収益8.4万円の好スタート!

2017.06.03

そして、大学時代に書いたブログは社会人になった後も稼ぎ続けてくれる。ブログが資産になるというのはそういうこと。会社員としてのお給料の他に、月数万円副収入があれば生活は格段に楽になるよね?

大学生は書くネタに困らない

ブログを始めると言っても、何書けばいいか分からないと思う人がおそらく大半だと思う。でも大学生活はネタの宝庫だ。

自分が打ち込んでいる研究や勉強について書いてもいい。部活やサークルでの経験も書ける。自分なりの恋愛術でも、ファッションでも、旅行でもグルメでも、何なら引きこもり生活記でもいい。就活ネタも人気だし読まれやすい。

要するに、ツイッターやインスタに書くようなことを一手間加えてブログの記事にしちゃえばいい。特に経験っていうのはこの世の中において超貴重だ。普段何気なく通っている定食屋だろうが、たまたま行った沖縄への旅行だろうが、記事として情報にすれば読みたい人が必ずいる。それほど自分の経験を発信する人というのはまだまだ少ない。

インプット量が格段に増える

記事を書くということは、自分の中の知識や経験を世の中に公開するということ。つまりブログはアウトプットの連続だ。だから社会に出る上で重要な能力、「アウトプットする力」を伸ばすという意味でもブログはうってつけだ。

でもアウトプットするためにはその元となる知識や経験が必要だ。つまりインプットが欠かせない。

ブログを始めるとこのインプット量が格段に増える。事実私は本を大量に読むようになったし、情報を求めて必至にアンテナを張っている。そして何より、「ブログに書けるし、とりあえずやってみるか」という気になる。

新しいものに手を出すのは勇気と体力がいる。でもブログに書けるということが心理的サポートとなり、挑戦してみようという気概が生まれる。なんとなく生きてきた大学生活が充実し有用なものになるのは間違いない。

新しいことにたくさん挑戦できるのは大学生の特権だ。ブログという新しい挑戦が、またさらなる新しい挑戦を生み出してくれる。

自分の力で稼ぐ能力が身につく

アルバイトはいくら頑張っても、いくら工夫しても時給が変わることはない。

ブログは全て自分の責任下で稼げるお金が変わってくる。頑張れば頑張った分だけ、工夫すれば工夫した分だけ多くの対価が期待できる。

これはアルバイトで決まった時給を貰っている間は得られない、非常に大きな喜びだと思う。簡単に言えば「やりがい」だ。ぜひ自分の力で1万円を稼げる喜びを体験してほしい。

何から始めていいか分からない人へ

まずはブログを開設してみましょう。何事も大変なのは第一歩。そこさえ踏み出せてしまえば後は走るだけです。

ブログ開設にあたっては以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ブログ開設から1週間でやったこと全部まとめてみた

2017.05.07

まとめ

この記事は私の、「大学生活4年間に費やしたアルバイトの時間をブログに使っていたらなあ……」という重い後悔でできています(笑)

若い世代は先人の後悔を積極的に役立ててほしい。世の中には自分たちと同じ苦労をさせようとする大人がいっぱいいます。惑わされないように。

現実的にバランスがいいのは、ブログ開設から3ヶ月~半年程度は収益が出にくい人も多いと思うのでアルバイトと並行。もしくは夏休みなど長期休暇はアルバイトをたくさんする、などでしょうか。アルバイト経験は就職活動でも聞かれる部分ですから、バランスよく経験はしておくといいですよ。その経験もブログ記事にできますしね(笑)

はまだ(@hamada_blog)でした。

👇最新情報👇
最新情報は随時Twitterで更新中!@hamada_blog


お役に立てたらシェアしてください!