コインチェックの出川出演CMで「13コイン」に注目必至!?


日本の人気取引所「Coincheck(コインチェック)」のテレビCMが公開されました!

出演俳優はなんと「イッテQ」などでお馴染み、「出川哲朗」さんです。

ビットフライヤーのCMは…

日本最大手の取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」もこれまでかなりテレビCMに力を入れています。

しかしその出来は正直微妙…

ターゲット層が不明で、面白くもない。

これを見て「ビットコイン」とか「ビットフライヤー」で検索しようって思うでしょうか?

興味をそそられません。

このCMを見て興味をもって調べるような人は、もっと早くからビットコインに興味を持って主体的に動くようない人たちでしょう。

コインチェックのCMは

ターゲット層が明確で面白い

まず何よりも「出川哲朗」さんを起用したところに拍手!

老若男女、誰にでも人気があり、特に最近の若者人気は尋常じゃありません。

そもそもビットコインというのは、考えが凝り固まっておらず、新しいものを受け入れられる若者との親和性がかなり高いです。

また「出川哲朗」というキャラは視聴者が決して上から目線に感じず、新しいものを広めるためのキャラとしては最高。

ビットコインを連呼

これでもかというくらい連呼しています(笑)

新しいものはまず徹底機に名前を頭に刷り込むことが重要。そうすることで段々と抵抗感がなくなり、興味が湧いてくるものです。よく分かってらっしゃる。

コインチェックも連呼

「ビットコイン」と言えば「コインチェック」の刷り込みに徹底しています。

しかも宣伝しているものは「コインチェックのスマホアプリ」

取引所への登録を促すよりもよっぽど効果的。スマホアプリ入れるのなんて抵抗感ありませんもんね。素晴らしい。

コインチェックに注目が集まる

このCMがテレビで流れ始めれば、ビットコイン、そしてコインチェックにかなりの注目が集まると期待しています。

それほどよくできたCMでした。

この1つのCMが日本の仮想通貨流通を一気に広めることになるでしょう。

コインチェック「銘柄」に注目が集まる

そうなると自然と注目をあつめるのが、「コインチェック銘柄」です。

コインチェックへの登録者が増えれば増えるほど、当然のことながらコインチェックの銘柄も注目されます。

それが記事タイトルの「13コイン」です。(お待たせしました)

「13コイン」とは

コインチェックの取扱いコイン

コインチェックで取り扱っているのは以下の13コインです。

  1. ビットコイン(Bitcoin)
  2. イーサリアム(Ethereum)
  3. イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  4. リスク(Lisk)
  5. ファクトム(Factom)
  6. モネロ(Monero)
  7. オーガー(Augur)
  8. リップル(Ripple)
  9. ジーキャッシュ(Zcash)
  10. ネム(NEM)
  11. ライトコイン(Litecoin)
  12. ダッシュ(Dash)
  13. ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ただでさえ、2017年全てのコインが伸びている中、今回のテレビCMで日本人のマネーが大量に流入したらどうなるか…

個人的にかなり期待しています。

「13コイン」の詳細

ここで13コインの詳細を説明することはできませんが、以下の記事でかなり詳しく解説しています。

自分が期待できるコインに投資するもよし13コイン全てに分散投資するのもよしいずれにせよかなり期待値は高いはず!!

個人的には「ビットコイン」「イーサリアム」「ネム」「リップル」に特に期待していますので、CM効果で伸びてくれると嬉しいところ…

コインチェックの詳細

コインチェックスマホアプリ1つで売買が簡単にでき、取扱コインが日本最多馴染みやすいUIなど、初心者から上級者まで誰にでもおすすめできる取引所です。

最近は仮想通貨ブームのせいか本人確認に時間がかかるため、CM効果で登録者が増えてくる前に登録は済ませておきたいところですね!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

👇最新情報👇
最新情報は随時Twitterで更新中!@hamada_blog


お役に立てたらシェアしてください!