ビットフライヤーの評判は?アプリは?登録方法を徹底解説!


bitFlyer(ビットフライヤー)とは、今何かと注目を浴びている仮想通貨「ビットコイン」の取引所です。

数多くある取引所の中で、bitFlyerの特徴は?評判は?アプリは使えるの?どうやって登録するの?といった疑問にお答えしていきます!

ビットコインについて知りたい方はまず以下の記事をご覧くださいね。

ビットコインとは?将来性は?買い方は?徹底解説します

2017.05.03

bitFlyerに登録すると何ができるの?

ビットコインの購入や売却、そしてビットコインの保管や送金ができるようになります。さらに、ビットコインで実際に買い物ができるネットショップも開設されています。

ネットショップでは家電やAmazonギフト券などをビットコインで購入することができますよ。

bitFlyerは信用できるの?

bitFlyerは日本で初となる仮想通貨取引所です。いわば老舗、そして国内最大手です。

多くの大手企業から出資を受けており、資本力も申し分ありません。最近ではテレビCMもバンバン流しています。

以下はbitFlyerの主要株主一覧。よく見慣れたロゴがずらっと並んでいますね。bitFlyer、そしてビットコインに対する期待の高さがお分かりいただけるでしょうか。

ビットフライヤーへの出資企業

bitFlyerの取扱通貨は?

現在bitFlyerで購入できる仮想通貨は2種類となっています。

bitFlyerのメリット

分かりやすい取引画面

bitFlyer取引画面

bitFlyerの取引画面は、例えば株やFXをやったことがない人でも扱いやすいものになっています。

基本的に1つの画面で完結できるのも嬉しいですね。あっち行ったりこっち行ったり、難しい作業は必要ありません。

不正送金被害への補償あり

株式会社bitFlyer(代表取締役:加納 裕三、以下「当社」)は、当社にアカウントを持つ利用者がメー ルアドレス・パスワード等を盗取され、不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービス(以下 「本サービス」)を新たに提供します。 仮想通貨はインターネットを通じて取引されるため、仮想通貨交換事業者は利用者が安心して取引でき るようウイルス・ハッキング対策を高いレベルで講じる必要があります。 国内最大*1の仮想通貨取引所を運営する当社は、従来から一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA) を通じて仮想通貨の利用者保護の取り組みを推進してきました。今般、安心・安全な仮想通貨サービスの 更なる普及と発展を目的に、当社にアカウントを持つ利用者向けに本サービスの提供を開始しました。
出典:https://bitflyer.jp/pub/bitFlyer_compensation_ja.pdf?top_link

bitFlyerによると、預かり資産が100万円を超える場合は最大500万円。それ以外の場合は10万円まで補償されるようです。

取引所に保管しておく限り、不正送金のリスクは少なからず発生します。そのようなリスクに対応する補償制度の存在は心強いかと思います。

アプリでも取引が可能

ビットフライヤーのアプリ

bitFlyerでは専用のアプリが用意されており、パソコンに向かわなくてもビットコインを取引することができます。

 

bitFlyerのデメリット

取扱通貨が少ない

bitFlyerのデメリットとしてもっとも痛いのが取扱通貨の少なさです。ビットコインとイーサリアムしか購入することができません。

仮想通貨は多くの種類がありますので、色々な仮想通貨に興味がある場合には不向きな取引所です。

アプリの安定性がいまいち

PCサイトのほうが圧倒的に使いやすいなあというのが正直なところです。

Google PlayやAppStoreでの評価も微妙なところ。あくまでもPCサイトの補助という使い方になりそうです。

Good!!
・国内最大手の安心感

・ビットコインで実際に買い物ができる

・不正送金被害への補償制度あり

Bad!!
・取扱通貨が少ない

・アプリの安定性がいまいち

bitFlyerの登録は簡単?

登録だけならメールアドレスだけででき、非常に簡単です。しかし実際にビットコインを取引するためには、本人確認や銀行口座の登録が必要です

bitFlyerには以下のような「アカウントクラス」という概念があります。

今回は実際にビットコインを取引するため、青枠のビジネスクラスを目指します手順に沿って登録していけば簡単ですので安心してくださいね。

bitFlyer登録手順

必要なもの

  • 住所
  • 電話番号
  • 銀行口座(本人名義)
  • メールアドレス
  • 本人確認資料(保険証など可)

1. メールアドレス登録

  • bitFlyer公式ページからメールアドレスを入力します。
  • メールが届くので、「キーワード」「初回パスワード」を確認します。
  • キーワードをbitFlyerの画面に入力しログインします。

以上の簡単な作業で登録だけは完了しました。

スタンバイクラスに到達です。

2. 携帯電話認証 または Facebook連携

  • TOPページの「アカウント情報欄」→「携帯電話認証」または「Facebook連携」から行います。

携帯電話認証の場合、ショートメール(SMS)に届いた番号を入力すれば完了します。

エコノミークラスに到達です。

3. 銀行認証

  • 同様にTOPページの「アカウント情報欄」→「銀行口座情報確認」から行います。

プレミアムエコノミークラスに到達です。

上の表を見ると、この時点でビットコインの取引ができそうに見えますが、2017年4月1日から「犯罪収益移転防止法に基づく追加情報の登録」をしなければ取引不可となったようです。もうひと頑張りですよ。

4. 本人確認資料提出

  • TOPページの「アカウント情報欄」→「ご本人情報登録」から行います。
  • 氏名や住所、電話番号などを入力し登録します。
  • 身分証明書をアップロードします。

以上でビジネスクラスに到達します!お疲れ様でした。

この後すぐにビットコインを購入…といきたいところですが、まだできません。私も引っかかりました。

5. 転送不要の書留郵便の受け取り

先程お話したように、2017年4月1日から本人確認が厳しくなったようです。転送不要の書留郵便を受け取るまでは、基本的にビットコインの取引ができません

bitFlyerの登録状況

受け取り次第この「発送中」ステータスが「発送済」になります。私の場合、「未発送」から「発送中」までに3日ほど、「発送中」から「発送済」までに2日ほどかかりました。気長に待ちましょう。

まとめ

以上bitFlyerについての概要や登録方法をご紹介しました。少し手間がかかりますが、これからさらに注目されるであろうビットコインを、いつでも取引できる状態にしておくことをおすすめします!

👇最新情報・有益情報を配信中👇
Twitter
LINE

仮想通貨ランキング


お役に立てたらシェアしてください!

Coincheck (コインチェック)

取扱通貨の数が国内No1を誇る取引所。

簡単登録&綺麗な画面&使いやすいスマホアプリで誰にでも使いやすいのも特徴。

さらに盗難への補償サービスで超安心!


bitFlyer (ビットフライヤー)

国内最大手の安心感がほしいならここ!

資金力がありテレビCMも放映中。

取扱通貨が少ないのが唯一の難点か?


Zaif (ザイフ)

ビットコインで積立投資ができる取引所。

できるだけ楽で低リスクな運用を望む方はここ!

日本が誇る仮想通貨モナコインも取り扱っています。