ビットコインキャッシュ(BCH)とは?将来性は?取引所はどこがおすすめ?


仮想通貨と言えば「ビットコイン(Bitcoin)」ですが、そのビットコインの名前が付いた仮想通貨もいくつか存在します。

実はこれ、ビットコインのパチもんというわけではなく、ビットコインから生まれたものなんです。

今回はその中でも始めて誕生した「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」について解説します。

恐らく初心者の方は既に混乱状態でしょうから、丁寧に解説していきますね。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュのロゴ
「そもそもビットコインって?」という方はぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。
>>ビットコインとは?将来性は?買い方は?徹底解説します

ビットコインキャッシュは、2017年8月、ビットコインから枝分かれする形で誕生しました。

よく「分裂」という言葉が使われますが、分裂というよりは「分岐」、つまり枝分かれというイメージのほうが正しいでしょう。

ビットコインには中央で管理する組織が存在しません。

そのため、ビットコインの方向性は「多数決」によって決められます。

その多数決の結果、意見が分かれ「分岐」したと考えると分かりやすいでしょう。

名前について

ビットコインキャッシュはBCHと表記されることもあれば、BCCと表記されることもあり、取引所によって対応が違いますが物は同じです。

また愛称として”ビッチ“と呼ばれることもあります。

ビットコインと何が変わったの?

問題は今までのビットコインと何が違うのか、というところですよね。

分岐前、ビットコインは取引量の急増により、送金の遅延が問題となっていました。

ビットコインはそれを「Segwit」の実装により解決をはかり、ビットコインキャッシュは「ブロックサイズ」を上げることで解決をはかりました。

ここがまさに方向性の違いなのですが、目的は同じです。

混乱しないため詳しくは割愛しますが、利害が一致しなかったのですね。

またビットコインキャッシュには、ビットコインにはない「難易度調整アルゴリズム」を用いることで送金の遅延をより起こりにくくしているところが大きな特徴です。

BCHの技術的情報まとめ
  • スタート: 2018年8月1日
  • コード: BCH, BCC
  • 暗号化方式: SHA-256
  • 認証アルゴリズム: Proof of Work(PoW)
  • 承認時間: 約10分
  • 発行量上限: 2100万BCH

ビットコインキャッシュの価格とチャート

最新の価格 (BCH)

時期によっても異なりますが、基本的にビットコインの1/10程度の価格をつけています。

仮想通貨の価格について

この価格は1BCHあたりの価格であり、例えば0.01BCHだけ購入するということも可能です。

これは他の仮想通貨でも同じ。数千円からでも買えるということですね。

チャート (BCH)

ビットコインキャッシュがスタートした2017年8月から2017年12月のチャートです。

2017年ビットコインキャッシュのチャート

スタート直後は「結局ビットコインが真のビットコインだ」と考えられ、期待薄。ジワジワと価格を下げていきました。

しかし11月頃になると、ビットコインキャッシュもビットコインのように広まっていくのではないか?との期待などから大幅に上昇。

なぜそのような期待が生まれ始めたのか、詳しくはこのあと解説していきますね。

ビットコインキャッシュの将来性

先ほども言ったように、スタート直後はさほど期待のされていなかったコインです。

しかしビットコインと比べた時のメリットなどが見直され、ジワジワと好材料のニュースが上がってきています。

イギリスでBCH基軸の取引所がオープン予定(2017年12月)

bch基軸のcoinex

今までの取引所は、「ビットコイン/アルトコイン」というペアが多く、つまりアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を買うためにビットコインが必要、というものがほとんどでした。

これを「ビットコイン基軸」と言います。

しかし2017年12月にイギリスでオープン予定の「CoinEx」「ビットコインキャッシュ基軸」の取引所です。

ビットコインはもちろんのこと、そこそこ基軸として採用されている「イーサリアム」も大幅に価格を上げているように、基軸通貨として使われると値上がりする可能性が高くなります。

アルトコインを買うために必然的に基軸通貨を通すことになるため、当然といえば当然ですよね。

なぜ「CoinEx」がビットコインキャッシュを基軸通貨として採用したかと言えば、「ビットコインよりも手数料が低いから」というのが大きな理由になっています。

ビットコインの手数料の高さは問題となっているため、今後ビットコインキャッシュがますます注目を集める可能性もありそうです。

中国OKexがBCH基軸の取引をスタート

OKexのロゴ

「OKex」は中国の大手取引所。

そちらでもビットコインキャッシュを基軸とした取引が開始されました。

okexがbch基軸の取引をスタート

ビットコイン、イーサリアムに並んでビットコインキャッシュの採用。

これはビットコインキャッシュにとってひじょうに重要な出来事です。

ビットコインキャッシュ専用デビットカード誕生予定

bchの専用VISAデビットカード

ビットコインのデビットカードは今まで多くありましたが、ここに来てビットコインキャッシュの専用デビットカードも誕生する予定です。

VISAデビットということで、多くのVISA加盟店でビットコインキャッシュ決済が可能になるでしょう。

仮想通貨はいかに実際に使われるかが重要です。これによりビットコインキャッシュが多く利用され、価格にもいい意味で影響する可能性があります。

ビットコインではなくBCH決済を採用する店舗が増加

やはりビットコインは手数料が高いという問題が解決できておらず、店舗で決済に利用するにはかなり不便です。

そのため、ビットコイン決済は採用せず、ビットコインキャッシュ決済を採用する店舗が増えています。

ビットコインキャッシュの買い方

仮想通貨を購入するためには「取引所」に登録する必要があります。

ビットコインキャッシュは多くの取引所で取扱いがありますが、日本でおすすめなのはCoincheck(コインチェック)という取引所です。

最も素晴らしいのはアプリ1つで簡単に売買が可能というところ。

また仮想通貨の取扱数も日本一ですので、ここだけで多くの仮想通貨を購入することができます。

まずはコインチェックに登録しておけば間違いないでしょう。

仮想通貨の購入は余剰資金&長期目線で行いましょう!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

お役に立てたらシェアしてください!