仮想通貨ビットコインを50万円分購入したらどうなった?


「ビットコインのいろは」では仮想通貨への投資状況を報告しています!

今回は仮想通貨の王様Bitcoin(ビットコイン)を50万円分購入してみました。3ヶ月でどのくらい増えたか(減ったか?)をご報告します!

ビットコインとは?

今や1000以上もある仮想通貨ですが、始めに誕生した仮想通貨がこの「ビットコイン」です。

誕生は2009年にまでさかのぼりますが、ビットコインが仮想通貨のトップでなかった時期は一度もありません!

人々の認識では、「仮想通貨=ビットコイン」であり、仮想通貨への投資はビットコインを知るところから始まると言っても過言ではありません。

しかしこの記事でビットコインの全てを解説するのは難しいので、より詳しく知りたい方は以下の記事も一緒に御覧くださいね!

ビットコインのチャート

まずはここ4年間のチャートを見てみましょう。

ひと目見て分かりますが、2017年位から一気に急上昇しています。

2013年には1万円にも満たなかったビットコインが、今や80万円超えです。夢がありますねえ。

ビットコインのチャート

ここ3ヶ月のチャート

さて、いよいよ私が50万円分のビットコインを購入した3ヶ月前からのチャートを見てみましょう!

購入時の金額が1BTC=約42万円

それを50万円分ですから、約1.2BTCを購入したわけです!ビットコインは小数点単位でも購入ができるので、大金がなくても大丈夫ですよ!

そして3ヶ月後の今ビットコインの価値は、1BTC=約77万円

購入した1.2BTCの価値を計算すると……92万円!!!

たった3ヶ月で約2倍にまで増えてしまいました。貯金していたら1円も増えないどころか手数料でマイナスになっていたところです。

損をしていた時期もある

ここからは超重要な話です。

結果的に50万円分のビットコインは、今92万円の価値を持っています。

大儲け!!に見えますが、実は損をしていた時期もあるんです。

もう一度同じ3ヶ月のチャートを見てください。

この3ヶ月での底値(最も低い価格)は、なんと1BTC=約35万円。

つまり50万円で買ったビットコインが、35万円分の価値しか持たなくなってしまった時期があるのです。

これがいわゆる、「暴落」です。(恐ろしい!)

そして重要な事実として、このような暴落では焦って売ってしまう人が続出します。

例えば私が暴落で売ってしまっていたとすると、3ヶ月後には倍になっているビットコインを、15万円も損した状態で手放すことになります。

覚えておいてください。

ビットコインはここまで成長するのに、何度も何度も何度も暴落を繰り返している通貨です。

そしてその暴落の度に、SNSや2chでは売り煽り(売らなきゃヤバイぞ!ビットコインはもう終わり!)などという書き込みがされます。

右肩上がりの仮想通貨で損をするのは、この暴落で焦って手放してしまうパターンがほとんどです。

暴落を繰り返しつつも、右肩上がりなのがビットコインです。

暴落の際はその原因が何なのかを見極め、冷静にいることが損をしないために重要な要素です!

ビットコイン、いつ買うべきか?

結論から言えば、ビットコインは過去どの時期に買っても損をすることはありませんでした(右肩上がりなため)

しかし、最も良いのはなんと暴落している時に買うことです。

これは上記の3ヶ月チャートを見ても何となく分かるのではないでしょうか?

同じ50万円であれば、私が買ったときの1BTC=42万円の時よりも、暴落して1BTC=35万円になった時に購入したほうが得をしていたことになります。

ビットコインの買い方は?

ビットコインの購入は取引所で行います。

日本にも取引所が多くありますが、初心者の方にはCoincheckが断然おすすめです。

難しいイメージを徹底的に排除した取引所で、登録が簡単、スマホアプリも使いやすく、また国内一多くの種類の仮想通貨を扱っています。補償サービスがあるのも安心ですね。

ビットコインが買える取引所

▼国内取引所

▼海外取引所

など多数。

まとめ

まずはビットコインを所有してみる、ということがビットコインを知るための大きな第一歩になります!

なにも50万円も使う必要はありません。

今後の不安定な未来に備える一つの手段として、数千円からでも始められる仮想通貨への投資を検討してみてはいかがでしょうか!

>>ビットコインの購入はCoincheckで

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

お役に立てたらシェアしてください!